活性酸素問題

皆さま、こんばんは!


今日は活性酸素問題について。


よく聞く活性酸素、ご存知の方が多いと思いますが、実際には目に見えないので、今日は実際に活性酸素を見ていただきたいと思います(^^)


これは通常の血液。

…私の血液です。笑


やや脱水状態で、赤みが少ないので貧血気味です。


そしてこれは運動直後の血液。

この金平糖のようなイガイガ状のものが活性酸素です!!


この時間差は、なんと、30分程度です。


たった30分という短時間でこんなに血液って変化するんです…びっくりですよね!


そして、この写真はかなり活性酸素が多い状態です…(*_*)


活性酸素は、体内でウイルスや細菌を攻撃してくれている反面、病気の90%は活性酸素が原因だということが判明しており、癌など、あらゆる病気を引き起こすと言われています。


活性酸素は別名「毒性酸素」や「フリーラジカル」とも呼ばれ、通常の酸素より電子のペアが壊れた不安定な状態のため、正常な細胞から電子を奪おうとします。


ちなみに、この電子が奪われることを「酸化」といいます。


電子を奪われた細胞は、活性酸素と同じようにその周りの細胞から電子を奪い、酸化がどんどんと広がっていきます。


そして正常な活動をすることができなくなり、酸化された細胞は死滅し、本来の働きをになうことができないので広がりが進むとその器官の機能は低下してしまいます。


以前、癌治療の専門家の話で「人間関係のストレスを1年以上続けた方に癌になる方が多い」というのを耳にしたことがあります。


ストレスホルモンの一種コルチゾールは、免疫機能の重要な役割をになうNK細胞の機能を停止させてしまうだけでなく、その生成時には活性酸素も発生させてしまいます。


ストレスにより、こういった活性酸素の動きが体のあちらこちらで四六時中起こっていると考えると、ストレスが多い人が病気になってしまうのも理解できます。


活性酸素は他にも

・紫外線

・電磁波

・タバコ

・大気汚染

・科学物質

・食品添加物

・アルコール

・運動

こういったもので発生します。


2枚目の写真のイガイガ状の活性酸素は、様々な施しをして、翌日こう変化していました。


多少脱水はありますが、赤くなって白血球も元気になってました( ´ ▽ ` )♪


今日も血中でパトロール頑張ってね!


いや〜しかし、恐るべき活性酸素ですね^^;


私は活性酸素を減らすために、ビタミンC取ったり水素水飲んだりしてますが、少しでもストレス減らしていきましょう☆









コメント